星の海のかたすみ

臆病で弱い自分を可愛がる

実写映画「銀魂 紅桜篇」を見た感想

殴り書きで自分の感じたことをつらつらと並べます。


銀魂実写 紅桜編」のネタバレあり


褒めたり、批判したり、自由に感想を述べてます。









ーーーー






映画の当たり外れのレビューでいいと

私的に

★★★★☆

よかったです!

音楽とか演出とか諸々含めて好評価。ただ、あ〜〜惜しいなぁぁぁって思うところがあったので★×4どまり。

惜しいと思った点の詳細は以下の文章にあります。




※以下殴り書き



小栗旬の演技すごい

実写はどうしてもアニメっていう先入観に囚われがち。私も然り。でもアニメこそ原作の魅力を十分に出していると思う。銀魂は。

だからこそ実写でもセリフに魂がこもってないと厳しい。小栗旬安田顕さんは台詞づかいが上手い。だからこそ見ていて違和感がなかった。


菅田将暉くんはコメディな演出がとても強いと思う。(オレオレ詐欺のとことか、ロリコンとの対決(?)とか)

絶叫するところも 残念と思うほどではなかったけど、やっぱ彼の見せ場は前述したとおりだなと私は思った。


橋本環奈ちゃん………こんな可愛い子に「ハゲ親父」とか「シミパン」とか言わせてるのかと思うと「やめて!!!!!」ってなった。

かんなちゃん美人だし、サイズ感も神楽ちゃんにぴったりだったと思う

ただセリフというか言葉のかんじに違和感があった。いや、神楽の喋り方自体ヘンテコなんだけど。

元々あの声の高さなのかな?釘宮さんに寄せようとしてるところない???ってちょっと気になった。

声が引っかかったね。


土方さんの人見た目似てるーー!!すげぇ!!!

タバコくわえながらようあんなしっかり喋れるなすげぇ!!!!

ただ絶叫するところはちょっと弱かったと思う!でもとてもかっこよかったです!


そうごは、「お?なんやこのお兄さん?よくある、最近のイケメンをキャスティングって感じの配役か??大丈夫か??」ってなったけど、悪かなかった!でも演技めっちゃうめえ!ともならなかった!

近藤さんが素振りしてる後ろで寝てるときチラッと見える腹がしまってると尚嬉しかった(個人の見解です)。


近藤さん………中村勘九郎さんですよね歌舞伎の。いや、さすがですわ。ちょっとした表情、例えば眉をピクンと動かすような細かい動きすごいなと思った。歌舞伎で鍛えた筋肉が活きていると見ていて思った。一糸纏わずお披露目される肉体美最高でした。ただ、橋本環奈ちゃん同様謎の「やめたげて!!!!」感がわたしの中にはありました。気にしたら負け。



間の取り方がなぁぁぁぁ惜しいなぁぁぁ

と思うところがあったのがもっと!!!もっとこう!!!!ってもどかしい気持ちになった。安田顕さんの一方的な大声トークのときの間の取り方とかもっと畳み掛けるようにした方が面白いやろ!!っておもった。そう考えるとアニメの銀魂の間の取り方はすげぇなあと思う。


ヅラはもうとても美しかった。あれ?ヅラってそんなキャラでしたっけ??ってくらい。容姿がきれい。岡田将生さんも声の表現がすばらしかった!あと表情かな?!アニメの実写しても大丈夫系俳優だこの人!って思いました。

声がねすごいかっこいいの。あと違和感がないの。

アニメの声優さんとは声の感じとか全然違うんだけど、彼は自分のものにしてるって感じがあってとても魅力的でした。


エリザベスな。めっちゃ可愛かったな。

小栗旬「これ実写化したら一気に着ぐるみ感出ちゃうやつだよね」ってメタい発言するとこめっちゃ面白かった。

全然中に誰が入っているのかわからない、誰でもできるんじゃね?って役に山田孝之って実力派俳優が当てられているところがこだわってるな~~と思う。

きっと演技力が欠けてたら微細な無駄な動きが入ったりとか気づかないコレジャナイ感が生まれちゃうんだろうな~と思った。

´-`.oO(まぁ死ぬほど暑いんだろうけど。

てか喋ったの最高でした。山田孝之ぃぃぃぃ!!!ってなった。山田孝之をキャスティングしてくれてありがとう!!!!ってなった。


高杉な。いや~~ちがうね!!(笑)

可愛すぎるね剛くん!!!(笑)

剛くんの可愛さが溢れちゃって整合性がちょっとって感じだったね。

あれは剛くんのせいというよりキャスティングミスだと思う。もっと理想は声が低い、「ほぅ……」て台詞が自然にできる、背が高い(またこちゃんとロリコンと並んだ時「あら可愛い」ってなっちゃった)、目つきが悪いだね!!!

高杉の魅力を引き立てられるキャスティングだと嬉しかった。

でも脚はとても綺麗でよかったです。銀ちゃんとの対決の後起き上がろうとしてるけど怪我で起き上がれないシーンがとてもエッチでした。

高杉は素足に草鞋だから、脚が綺麗な人が当てられてたのはとてもよかった!!!って思った。


佐藤さんだっけ???めっちゃ面白くてロリコン来るか?!来るか?!って見ててそわそわしてた(笑)

原作がどんなだったかは覚えてないけど、たしかあんな感じじゃなかった気がする(ボタンつけるの??うん。うん。てとことか)。けどとても魅力的だった!(笑)

キャラの魅力は殺さず自分の個性も出しちゃう器用な俳優さんだな~~と思った。


源六のじいさん。あれムロツヨシか?!!

全然違和感がないしコント見てるみたいでとても面白かった。ジャーンプぅのッ読み過ぎ~♪ジャンプの読み過ぎ~ッ♪


彗星の六角もよかった。

それ然りおいおい大丈夫かこれ実写でやって?!って他方に喧嘩売るスタイルが健在でめちゃ面白かった。ぐらぶったり、ミギーだったり、まーきのっだったり


てつこちゃんの人は演技力あるなぁと思った。多分、神楽ちゃんに次ぐコスプレ感のすごいキャラだしそれが全くなかったわけではないけど。静かな演技が強そうな人だなあと思った。

それに対して、安田顕さんんんんんん

あの単調な表情を崩さずあの声!!!!!すげぇ!!!!!!ロリコン同様、安田顕さん来ないか?!ってそわそわしてた(笑)


菜々緒ちゃんめっっっちゃスタイル良かった。またこちゃんがスタイル抜群だから菜々緒ちゃんが配役されてありがとう👏百点満点ってなった。紅桜に襲われて倒れ込んだときの脚がめっちゃエッチだった。

×××っスよ!!」って台詞自体は元から変だから違和感があるのは否めないかなと思います(主観)。

でも甲板で新八が登場するちょっと前に叫ぶところ、声が!!!あまい!!!ってなった。もっと絶叫がいい感じだとよかった。

それ以外はとてもよかった。



紅桜が崩壊したときの桜の演出がとても綺麗で感動した!!!!!!!

あぁ!紅桜だからか!!!すげぇ!!!ってなった。



実写映画は新しいエンターテイメントだなあと見ていて思った。

新しいエンターテイメントだから、漫画を原作としない作品の演技では通用しない、ちょっと難しい、でも映画の良さを取り入れたらより面白くなる諸刃の剣のようなものだなって思った。

ナウシカの飛行機(?)に対しててつこちゃんが突っ込んでるところをムロツヨシが「大丈夫、大丈夫」ってサイレントで言ってるところとか恐らく有声よりも面白かったし、アニメではない表現だなと思った。アニメだったら声を入れるか、声を入れずに動きなしって感じだと思う。

そういう実写だからこその表現を活かしたらこのエンターテイメントは面白くなりそうだと思った。

新しいアートだと思った。


あ、あと銀ちゃんの登場シーン

「にゃーにゃー喧しいよ、発情期ですかぁ~~?」「おれのチョコレェトパッフェが溢れちまったじゃあねぇかあ!!!!」って台詞を言ったりする場面、銀さんの顔を映さない演出はいいな!と思った。こいつ何者だ?!!!って思わせるような演出で、新八の心情とかが分かるし、段階を踏まず一気にかっこいい顔の小栗旬を映すことで「この人かっこいい」って観客にも思わせることができると思った。


お妙さんなあぁ……ちょっと違うというか、難しいのかなぁと思った。表情を変えずにニコッと笑ってバイオレンスなの。

やわらかい声とか表情はとてもよかったんだけど、バイオレンスな面がちょっと可愛さが入っちゃってて甘いみたいな。そこが惜しかったなあと思った。長澤まさみさんの魅力がキャラの個性を少し殺しちゃったようなかんじ。

それを考えたら、菅田将暉くんの自分の魅力(イケメンなオーラみたいなの)を消すのがとても上手だなあと思った。


自分の魅力を上手く使うのも大事だけど、それが邪魔をするようなら抑えて演じる……みたいなまるでタクを回してボリュームを調整するようなのって誰でもできるような芸当じゃないけど、それができてこそ実力派俳優、実力派女優なのではと私は思った。

ちなみに自分の個性を抑えない系演技の代表格は木村拓哉だと思う。演じたキャラがすべてキムタクになる。場に出たカードがすべてみたいな特殊効果みたい。ちょっとよくわかんないですね。



結論:岡田くんが映る度に惚れた。